国際線の飛行機に飲み物は持ち込める?気をつけるべきポイントとは?

国際線フライトと飲み物

海外旅行で国際線のフライトに搭乗することになった…

こんな時、機内にどんなものを持ち込むことができるのか、手荷物について不安に感じることはありませんか?

特に液体関係の制限が厳しい国際線は…

「そもそも飲み物って機内に持ち込めるの?」

…と疑問に思う方も少なくないはずです。

この記事では国際線の機内に飲み物やステンレスボトルなどの水筒を持ち込みたいと考えている方に向けて、気をつけるべきことやチェックポイント、おすすめの水筒についてご紹介します。

国際線の機内に持ち込める液体物について

まずは基本情報から紹介します。

機内に持ち込める液体物は国土交通省により定められています。

端的にまとめると、以下の条件であれば国際線の機内に手荷物として液体物の持ち込みが可能になります。

  • 液体物は100ml(g)以下の容器に入れる
  • 上記の容量制限に加え、個々の容器を1リットル以下のジッパー付きの透明プラスチック袋に入れる

液体物には、液体、ジェル、エアゾール、半液体状物も含まれます。

ジャム、ピーナッツバター、ヨーグルト、プリン、ゼリーなども液体物に含まれるので注意してください。

液体物を入れるプラスチック袋は縦横の合計が40cm以内という目安があります。

詳細は公式サイトでチェック!

液体物の中でも危険物など持ち込み不可になっているものがあります。

詳細は国土交通省の公式サイト及び利用予定のエアラインの公式サイトで確認するようにしてください。

国土交通省公式サイトで確認する場合は「量的制限の対象となる液体物のリスト」(PDF)をチェックしてみてください。

エアラインのサイトの方が視覚的に理解しやすい内容になっているので、まずは利用する航空会社の公式サイトを調べる形がおすすめです。

保安検査で気をつけるポイント

以上の制限ルールから、国際線では保安検査(セキュリティチェック)の際にペットボトルなどの飲み物は持ち込めないことがわかります。

また、ステンレスボトルなど水筒に入れた水やお茶などの液体も検査前に処分する必要があります。

水筒は中身が空の状態であれば検査で引っかかることはありません。

ここがポイント!
機内に水筒を持ち込みたい方は、保安検査の前に中身を空っぽにしておくということを忘れないようにしてください。

制限エリア内で購入した飲み物は持ち込める?

保安検査と出国審査を終えて、制限エリア内にあるショップで販売されている飲み物。

この場合、機内に持ち込めるケースが多いものの、海外の一部の空港では制限エリア内で購入したものであっても、機内に持ち込めないというケースもあります。

持ち込める・持ち込めないは、機内に搭乗する直前のセキュリティチェックがどこで入るのかというところがポイントになってきます。

それぞれのケースについて説明します。

持ち込めるケース

ok

飛行機に搭乗するまでの流れについて、

  1. 保安検査
  2. 出国審査
  3. 制限エリア(クリーンエリア)へ
  4. 搭乗ゲートから飛行機に乗る

このような流れが一般的ですが、このように保安検査が1回のみで、搭乗ゲートで改めてセキュリティチェックがない場合は、制限エリア内で購入した飲み物は機内に持ち込むことができます。

例えば、成田国際空港の公式サイトには以下の記載があります。

出国手続き後に免税店などで購入した場合は持ち込みが可能です

出国手続き後に免税店などの店舗で購入されたお酒、化粧品類等の液体物は、上記の制限にかかわらず機内へ持ち込み可能です。(100mlを超える物も持ち込みが可能です)

引用元:成田国際空港株式会社より

また、このケースの場合、制限エリアにウォーターディスペンサーがあれば、自分の水筒にお湯やお水を入れて機内に持ち込むことも可能です。

持ち込めないケース

not-ok

海外の空港でたまにあるのですが、各搭乗ゲート前で個別にセキュリティチェックを実施しているケースがあります。

例えば、マレーシアのクアラルンプール国際空港(KLIA)では、イミグレーションで手続きをした後に簡単なセキュリティーチェックがあり、その時点では飲み物の持ち込みは可能ですが、搭乗ゲート前で再度セキュリティーチェックが入ります。

この時点で規定量をこえる液体物は持ち込み不可となり、制限エリアで購入した飲み物であっても破棄する形になっています。

搭乗ゲート前のセキュリティチェックについて忘れてしまった時に、搭乗直前に購入したドリンクをそのまま捨てることになった経験が何度かあります。

「勿体ない!」と思いながら、泣く泣く処分しました…。

海外で乗り継ぎが発生する場合も、乗継検査場でセキュリティチェックが入るので、この場合も直前のフライトで機内に持ち込んだ液体であっても処分する必要が出てきます。

乗り継ぐ場合は免税品にも注意!

飛行機の乗り継ぎをする場合は、免税品であっても、現地の免税店で購入された物以外は持ち込み制限が課されるケースがあります。

出発前に出発地の免税店などで最新の情報を確認するようにしてください。

LCCを利用する場合は注意!

LCCの場合は「外部の食べ物や飲み物は機内に持ち込み・飲食禁止」となっているエアラインもあります。

いくつか例を挙げて紹介します。

(2019年5月確認時点の情報です。ルールが変更になる可能性がゼロではないため、最新の情報は各LCCの公式サイトで確認してください。)

エアアジア

外部の食べ物・飲み物の持ち込みや飲食は禁止になっています。

ただし、チョコレートやビスケットなど腐らないものは機内への持ち込みはOK、一方で飲食は禁止となっています。

実際にエアアジアに搭乗している乗客を見ていると、持ち込み品をコソっと食べている人が多かったりします…。

スクート

外部から持ち込んだ飲食物は機内で飲食禁止。

香港エクスプレス

外部から持ち込んだ飲食物は機内で飲食禁止。

ジェットスター

紙コップに入った温かい飲み物の持ち込みは禁止。

ペットボトルなど、ふたが閉まるタイプの容器に入っているものはOK。

自分で持ち込んだアルコールを飲むことは禁止。

ピーチ

ピーチは公式サイトを見ても、特に持ち込みの飲食物についての記載がありません。

実際にピーチを利用した時に外部で購入した飲料を機内で飲みましたが、特に咎められることはありませんでした。

機内で水筒に水を入れてもらえる

飲み物が有料となるLCCは別として、一般のエアラインを利用する場合、CAさんにお願いすれば手持ちの水筒にお水などを入れてもらうことができます。

小さな赤ちゃん連れの方がミルクを作るために、CAさんにお湯をお願いしている姿を見かけたことがある人もいるかもしれません。

赤ちゃん連れの方だけではなく、通常はリクエストすれば対応してもらえます。

機内持ち込みにおすすめの水筒

私は偏頭痛持ちで、乾燥しやすい機内で頻繁に水分補給をしないとすぐに頭が痛くなるので、常にステンレスボトルを持ち歩いています。

気流が悪いところを通過している時は、機内サービスが停止になるケースも多いので、手元に自分専用のボトルがあった方が便利です。

タイガーの夢重力

タイガーのステンレスボトルが大好きで、モデル違い・大きさ違いで6本くらい持っていますが、旅行や普段の持ち歩きには200mlや300mlの小さなサイズが重宝します。

上の画像の向かって左側にあるものが200ml、右側にあるものが300mlのものです。

どちらも機内シートポケットに収まる大きさである上、旅行中に携帯していても重さを感じないくらい軽いので、一つあると便利です。

まとめ

日本の空港から海外に出発する場合は、保安検査→出国審査という流れになり、制限エリアで購入した飲料は機内に持ち込みができます。(LCCはケースバイケース)

ただ、乗り継ぎがあるケースに加え、海外の空港など保安検査が搭乗ゲート前にある場合は、制限エリアで購入した飲料は機内持ち込み禁止となるというケースがあることを覚えておくと良いと思います。

個人的には軽量の小さいステンレスボトルを旅行用に準備して、状況に応じて飲料を入れたり、破棄する形が便利だと感じています。

以上、国際線の飛行機に飲み物を持ち込む時に注意すべきポイントやおすすめの水筒についてのまとめでした!

❤︎スーツケースの選び方に迷っている方にはこちらの記事がおすすめです↓↓↓

スーツケースの選び方

❤︎海外旅行の持ち物特集はこちら↓↓↓

海外旅行に役立つおすすめのグッズ

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓