使い心地は想像以上!Etvosのベストセラーがつまったお試しセットの詳細はこちら>>

【肉乾/肉干(バクワ)とは?】マレーシアにあるポークジャーキー有名店と美味しい食べ方

ポークジャーキーの肉乾/肉干(Bakkwa/バクワ)とは?マレーシアで購入するおすすめのお店

中国式ポークジャーキードライミートと呼ばれる肉乾/肉干(バクワ)

マレーシアやシンガポールの春節(旧正月)に欠かせない食材の1つとして知られています。

この記事では肉乾/肉干(バクワ)の概要、マレーシアで購入したい時におすすめのお店、美味しい食べ方について紹介します。

肉乾/肉干(バクワ)とは?

豚肉を使った肉乾/肉干(Bakkwa/バクワ)
肉乾(バクワ)

中国式の伝統的な肉の調理方法および貯蔵方法がもとになっている肉乾(バクワ)

起源は中国の福建省であると言われています。

春節(旧正月)などの特別な機会にのみ「ご馳走」として豚肉が食べることができた、豚肉がまだ高価で希少なものであった時代に、肉を長期保存するためにあみだされたものが肉乾(バクワ)になります。

伝統的な肉乾(バクワ)は豚肉のほか、牛肉やマトンが使われています。

マレーシアやシンガポールの肉乾/肉干(バクワ)

マレーシアやシンガポールの肉乾(バクワ)は、中国(福建省)からマラヤに渡ってきた移民がもたらしたものになります。

マレーシアやシンガポールの伝統的な肉乾(バクワ)は、

  • 甘みが強めのテイスト
  • 炭火で焼き上げる

…ところが特徴です。

昔ながらの肉乾(バクワ)は炭火を使っているところが1つのポイントで、香ばしく仕上がっています。

補足

今でも炭火にこだわって製造しているメーカーもありますが、一方で衛生面品質管理などの理由からオーブンで焼き上げているメーカーもあり様々です。

また、麻辣(マーラー)辣椒(ラージャオ)と呼ばれるスパイシーな辛口商品があることも、マレーシアやシンガポールの肉乾(バクワ)の特徴でもあります。

春節(旧正月)に欠かせないお土産&贈り物

肉乾(バクワ)の専門店が使っている真っ赤な手提袋

マレーシアやシンガポールの春節(旧正月)に定番の食材には色々なものがありますが、肉乾(バクワ)はその1つです。

とりわけ、春節(旧正月)の贈り物やお土産の定番になっています。

春節(旧正月)の前になると、肉乾専門店は多くのお客さんで溢れ、行列ができている光景は珍しいものではありません。

肉乾専門店は普段はそれほど混み合うことがないものの、お正月直前は一年で一番混み合います

❤︎春節に食べるクッキーやお菓子の詳細はこちら↓↓↓

マレーシアの春節(中国旧正月)チャイニーズニューイヤーに食べるクッキー

肉乾(肉干)の読み方と発音

漢字表記は肉乾または肉干

違いは繁体字か簡体字かの違いで、肉乾は繁体字表記、肉干は簡体字表記になります。

標準中国語の発音ではロウガン(ピンインはRòu gān)になりますが、シンガポールやマレーシアでは福建語の発音でBakkwa(バクワ)と呼ぶことが一般的です。

英語では、Dried Meat(ドライミート)やChinese Pork Jerky(チャイニーズポークジャーキー)、またはBarbecue Pork(バーベキューポーク)と呼ばれることが多いと言えます。

ポークジャーキーはどんな味?

マレーシアやシンガポールのポークジャーキー

マレーシアやシンガポールの肉乾(バクワ)は、

  • 砂糖
  • 醤油
  • スパイス

…などで味つけされています。

ソースの甘みが強いので、甘いものが嫌いな人は苦手に感じることがあるかもしれませんが、子供でも食べることができる甘みがあります。

また、英語でJerky(ジャーキー)という言葉が使われることから、ビーフジャーキーの味と似てる?と思うことがあるかもしれませんが、肉乾は甘塩っぱい味が特徴で、ビーフジャーキーの味とは異なります

Bakkwa(バクワ)の種類

肉乾専門店に足を運ぶと、様々な種類の商品が販売されていて、「何がどう違うの?」と迷ってしまうことがあるかもしれません。

ポークジャーキーの種類は主に2種類あり、

  1. 切片豬肉乾(Dried Sliced Pork)【スライス】
  2. 碎片豬肉乾(Dried Minced Pork)【挽肉/ミンチ】

…に分類することができます。

①の切片は厚切り肉(肉の塊)をスライスしたもの、②の碎片は挽肉(ミンチ)を使ったものになります。

中国から伝わった伝統的な製法はスライス式で、ミンチ式はあとから開発された製法になります。

一般的には脂身が少ないスライスの方が歯応えがあり、挽肉の方が脂身が多く柔らかい食感になります。

ポイント

漢字であれば切片碎片、英語であればSlicedMincedという言葉が商品名に使われているので、これらのキーワードを覚えておくと肉乾(バクワ)を購入する時に役立つと思います。

鶏肉など豚肉以外の肉乾もある

鶏肉を使った肉乾(バクワ)
鶏肉の肉乾

肉乾(バクワ)のメインは豚肉ですが、鶏肉を使った肉乾(バクワ)もマレーシアやシンガポールでは一般的です。

鶏肉の方がややあっさりしているものの、豚肉と鶏肉で大きな味の違いはありません。(見た目もほぼ同じです。)

ただ、豚肉や鶏肉の間で迷ったら、豚肉をおすすめします。

また、お店によって、イカやエビを使ったものや、甘み少なめの肉乾(バクワ)を販売していケースもあります。

スパイシーフレーバー

麻辣肉乾(スパイシーなポークジャーキー)
麻辣肉乾

先述したように、麻辣(マーラー)や辣椒(ラージャオ)のフレーバーなど、スパイシーフレーバーの肉乾も定番です。

見た目は普通の肉乾(バクワ)と同じですが、ピリピリとするテイストになっています。

形状

コイン(お金)の形状をしたポークジャーキーの肉乾(バクワ)

四角い形状が一般的ですが、コイン(お金)の形状をしたものもよく目にします。

作りたての新鮮な商品と真空包装された商品

真空包装されたポークジャーキーの肉乾(バクワ)

肉乾専門店には、作りたての新鮮な商品真空包装済みの商品があります。

保存料などを使っていないお店の新鮮な肉乾(バクワ)は消費期限が短めです。

事前に真空包装されたものは消費期限がやや長めになっています。

注意事項

メーカーによって消費期限が異なるので、詳しくは購入したお店で確認してみてください。

マレーシアにある肉乾の有名店

マレーシアで購入できる肉乾/肉干(Bakkwa/バクワ)の商品

マレーシアで肉乾(バクワ)を購入したい時、以下のお店が定番です。

  1. 美珍香(Bee Cheng Hiang)
  2. 我来也(OLOIYA)
  3. 龍記(Loong Kee)

①はシンガポールベースの企業、②と③はマレーシアベースの企業になります。

美珍香(Bee Cheng Hiang)

マレーシア・クアラルンプールのチャイナタウンにある美珍香(Bee Cheng Hiang)の店舗

シンガポールで1933年に創業した美珍香(Bee Cheng Hiang)

美珍香(Bee Cheng Hiang)は日本(銀座)にも店舗があります。

龍記(Loong Kee)や我来也(OLOIYA)と比較して価格が高めですが、質は良いと感じています。

人工的な添加物を使用していないこと、また炭火を使って焼き上げているという特徴があります。

❤︎美珍香の詳細はこちら↓↓↓

シンガポール生まれのポークジャーキーが美味しい美珍香(Bee Cheng Hiang/ビーチェンヒャン)

我来也(OLOIYA)

クアラルンプールのチャイナタウンのJalan Hang Lekirにある我来也(OLOIYA)の本店

40年以上の歴史を持つ我来也(OLOIYA)

我来也(OLOIYA)の本店はクアラルンプールのチャイナタウンにあり、数年前に本店のリノベーションしたため、店内は綺麗になっています。

オーブンで焼き上げている我来也(OLOIYA)の肉乾(バクワ)は美珍香(Bee Cheng Hiang)よりも甘みが強く、香ばしさは美珍香(Bee Cheng Hiang)の方が上であると感じています。

我来也(OLOIYA)には、ハートの形をしたかわいい肉乾があります。

❤︎我来也(OLOIYA)の詳細はこちら↓↓↓

肉乾(バクワ)を販売するマレーシアの我来也(OLOIYA)

龍記(Loong Kee)

クアラルンプールのチャイナタウンにある龍記(Loong Kee)の店舗

1976年創業の龍記(Loong Kee)

龍記(Loong Kee)はクアラルンプールのチャイナタウンに多数の店舗を持ち、チャイナタウンを歩いていると、「あっ、ここにもある!」というくらい視界に入ってきます。

龍記(Loong Kee)の肉乾/肉干(Bakkwa/バクワ)

龍記(Loong Kee)の肉乾(バクワ)の価格は、我来也(OLOIYA)とほぼ同程度で、美珍香(Bee Cheng Hiang)と比較するとやや安いです。

クアラルンプールではどこで購入する?

便利なお買い物スポットについて紹介します。

チャイナタウン

クアラルンプールのチャイナタウンにある我来也(OLOIYA)と龍記(Loong Kee)の店舗

美珍香(Bee Cheng Hiang)、龍記(Loong Kee)、我来也(OLOIYA)の3店が揃っている場所は、クアラルンプールのチャイナタウン

美珍香(Bee Cheng Hiang)はJalan Sultan、龍記(Loong Kee)はPetaling StreetやJalan Hang Lekir、我来也(OLOIYA)はJalan Hang Lekirにあります。

3店とも近い場所にあるので、徒歩で行き来できます。

❤︎チャイナタウンの詳細はこちら↓↓↓

クアラルンプールのチャイナタウン(Petaling Street)

ショッピングモール

チャイナタウンは少し雑踏としているので、落ち着いた環境で購入したい場合は、ショッピングモールに入っている店舗利用もおすすめです。

美珍香(Bee Cheng Hiang)我来也(OLOIYA)は、ショッピングモール内に店舗があります。

美珍香(Bee Cheng Hiang)はMid Valley MegamallPublikaなど、 我来也(OLOIYA)はPavilion KLThe Gardens Mallに店舗があります。

ポイント

美珍香(Bee Cheng Hiang)と我来也(OLOIYA)の両方に足を運びたい時は、Mid Valley MegamallとThe Gardens Mallに行く形がおすすめです。(2つのショッピングセンターは繋がっているので、徒歩で行き来できます。)

❤︎パビリオンの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアにあるPavilion(パビリオン)

❤︎Mid Valley Megamall&The Gardensの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのクアラルンプールにあるMid Valley Megamall(ミッドバレーメガモール)

日本には持ち込めない

原則として、海外で購入した肉類(加工品含む)は日本に持ち込むことができません

例えば、マレーシアに旅行で遊びに来て、肉乾(バクワ)を購入した場合、日本に持ち帰ることができないため、現地で消費する形になります。

また、日本でなくても、肉製品の持ち込みを禁止している国は非常に多く、持ち帰ることができないケースが想定されるので注意してください。

美珍香(Bee Cheng Hiang)は日本にも店舗があるので、日本で購入したい時は美珍香(Bee Cheng Hiang)に足を運んでも良いかもしれません。

Bakkwa(バクワ)の美味しい食べ方

小腹が空いた時にそのまま食べる形もおすすめですが、ここではマレーシアで定番の美味しい食べ方について紹介します。

マレーシアで定番の食べ方はサンドイッチ

マレーシアにおける定番の肉乾(バクワ)の食べ方はサンドイッチ(ハンバーガー)

ペナンにあるバクワサンドイッチを販売する屋台

現在は少なくなってきていますが、マレーシアにはその場で肉乾(バクワ)を炭焼きにして熱々のバクワサンド(バクワバーガー)を作ってくれる屋台があります。

上記画像はペナンにあるバクワサンド(バクワバーガー)のお店で、蒸したふかふかのパンに炭焼きした肉乾(バクワ)を挟んで提供してくれます。

ペナンにあるバクワサンドイッチのお店でバクワを炭焼きしているところ

伝統の炭火で肉乾(バクワ)をこんがりと焼いています。

ただ、上記画像のような形でバクワサンド(バクワバーガー)を販売しているお店はクアラルンプールには非常に少なく、肉乾(バクワ)サンドイッチが食べたい時は龍記(Loong Kee)我来也(OLOIYA)など肉乾専門店に足を運ぶ形になります。

ポークジャーキーの肉乾/肉干(Bakkwa/バクワ)の美味しい食べ方のサンドイッチ

パンにマーガリンを塗り、肉乾(バクワ)、きゅうり、肉鬆(ミートフロス)、卵などを挟んで作られてたバクワサンド(バクワバーガー)を気軽に食べることができます。

ただ、これは肉乾(バクワ)とパンさえあれば、自宅でも簡単に作ることができます。

おすすめアレンジ

ポークジャーキーの肉乾(バクワ)ときゅうり、トマト、チェダーチーズで作ったサンドイッチ
チェダーチーズ入りの肉乾サンドイッチ

肉乾(バクワ)はチーズとも相性が良く、肉乾(バクワ)、チーズ、レタス、きゅうり、レタスを入れて、普通のサンドイッチにしても美味しいです。

材料さえ揃っていれば、手間なくぱぱっと作ることができる簡単アレンジです。

チーズはお好きなもので構いませんが、個人的にはチェダーチーズがおすすめです。

ルッコラを加えたポークジャーキーの肉乾(バクワ)ときゅうり、トマト、チェダーチーズで作ったサンドイッチ

ルッコラを加えるとさっぱり食べることができます。

ルッコラが持つピリっとした味が、肉乾(バクワ)の濃い甘みを中和してくれます。

まとめ

甘塩っぱい肉乾(バクワ)は小腹が空いた時にそのまま食べたり、サンドイッチにしてアレンジしたり、色々な食べ方ができます。

海外で購入して日本に持ち帰ることができない点が少し残念ですが、海外旅行した時に現地で食べてみたり、日本にある美珍香(Bee Cheng Hiang)のお店で購入してみてください。

以上、肉乾/肉干(バクワ)についての紹介でした!

❤︎Puduにある肉乾トースト専門店の詳細はこちら↓↓↓

ポークジャーキーの肉乾(Bakkwa/バクワ)を使った炭焼きトーストが美味しいクアラルンプールにあるUncle 6 Toast Bar

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓